仕事は楽しくすればうまくいく、とは限らないが楽しくなければうまくいかない。

昨日のブログに続く

「楽しい経営」の最終章。

 

 

北海道は札幌に本社がある50事業部180億の会社を経営するヤマチユナイテッドの代表 山地社長の

「経営は楽しくすればうまく行く、とは限らないが楽しくなければ、うまくいかない。」

「どんなにイケてるビジネスモデルでも、能力の高い人たちのチームでも、組織に楽しさがないと成功しない」

というサブタイトルにも痺れた。

ホントに引き込まれる話を約1.5時間聞いて痺れすぎて体に電気が走りまくりました。

 

こんばんは、電気ナマズ症候群の松島亘です。

 

いや、ホントにヤバかった。

レセプションの宇野ゆっことサニーズ正樹と3人で参加したがファンタスも含め全員で聞きたかったと思った理由は常日頃ボクは社員さんたちに会社を多角化していきたいと夢を語っていて僕だけでなく社員さんも将来の会社像にワクワクしてくれてるのを感じているからでありまして、かと言って多角化とボクが言うのはカッコよすぎる言葉なんですが要は「やりたいこと」「好きなこと」を盛り込んで大好きなお客さんに喜んでもらえる仕事を創造していこうというシンプルな感じなんです。

 

あ、山地社長の話に戻ります。

ゴレンジャー理論

ゴレンジャーに例えてわかりやすく説明してくれたゴレンジャー理論。

赤レンジャー、青レンジャー、黄レンジャー、緑レンジャー、桃レンジャーと5人とも違うタイプが集まっているからこそゴレンジャーのストーリーが面白かったのを言われて思い出しました。

 

会社でも色んなタイプの人間がいますよね。

僕は赤よりの黄色かな。

 

色んなタイプがいるからこそ楽しいはずなのに力があるTOPがみんなを自分色に染めていたらそれはゴレンジャーではなく傲慢レンジャーになって仲間は楽しくなくなっちゃうよね。

 

社長やTOPリーダーのワンマンではなく主体性が光る全員経営をしていくためには仕組みも大切ですが社員さんが自主性を発揮できる環境作りとTOPの意識が不可欠だなと思いつつ、

 

僕が美容師ではない分、管理しすぎず任せて運営していて篤史やウキウキ筆頭の自主性に賞賛したいところもあるが何となくモヤモヤしている自分がいて、「自主性」というワードに対して全社員に特化して僕や幹部や会社が何かできてるのかな?と考えると意識が足りなかったなと気付いちゃって、一緒に参加した3人でディスカッションしているのを参加できなかった社員さんに聴いてもらいながら参加型トーク会をしたい!!と

今、燃えるような気持ちです。

 

 

自分が楽しんでなかったら社員は楽しめない

オクノヤさんがいつもだがいつになくいつも以上に熱く熱く参加者に語りかけてくれたコレ。

自分(社長)が楽しむ

 

いつも忙しくイライラしてたり、笑顔すらなかったり、楽しそうでなかったらそこで働く社員さんは「楽しんでいたら怒られそう」と思う人も少ないはず。

 

楽しもう!!

堂々と楽しもう!!

自分が1番楽しんじゃおう!!

そして社員やお客さんや家族にに楽しさを伝染させよう!!

 

さらに自分が思う「楽しさ」に共感してくれた人たちをもっともっと巻き込んで一緒に楽しんじゃいましょう!!

 

楽しいが最強。

 

これ追求すべく頑張らずに創造していこうと思います。

 

押忍!!

 

 


 

社員という立場で参加した友人のゆきちゃんのブログもオススメですので読んでみてね(^_-)

日々に何を見つけるか?アツく行かないと仕事は上向かない。
7月12日に、奥ノ谷塾主催(奥ノ谷塾っていうのは、短パン社長こと奥ノ谷圭祐さんを塾長とする経営者の塾です。)のヤマチユナイテッドグループの山地社長を講師に迎えてのセミナーに参加してきました。 平社員の私ですが、会社経営に興味というよりも奥ノ谷さんがみんなに紹介したい方がどんな方なのかな?という人に興味があって参加していました。やっぱり、参加してよかったな。ただただ楽しいとともに、講演者、参加者さん含めて、素敵な経営者さんが集まる会。 でもやっぱり、自分の勤めている会社への感謝を見つめなおす日だったなと改めて&。 そんな意味で普段みれない角度と視点から勤め人としての自分を振り返れる良い機会だったなぁって思います。そんな平社員視点から振り返ってみます。 経営(仕事)は、「楽しくすればうまくいく」とは限らないが、「楽しくなければ、うまくいかない」 冒頭からとっても贅沢なセミナーでした♡多くの経営者さんは推測するに、会社経営の視点からの学びが多かった時間かと思いますが、私は今の職種についてからの視点や会社員としての自分やチームにいる周りの仲間の個性の活かし方を考える良い時間でした。 特に、仕事を楽しまなければ&という部分は、商売繁盛セミナーっていうのを年1か2程度の任され仕事から、これをギアを変えていって、「お客さん満足度向上と関係性の密度向上のための企画」に切り替えようと思ったときに、上司から言われた「本気でやるなら途中であきらめるなよ。なんかやり始めるときはそのくらい熱中して取り組まないと絶対に自分から機会を逃す」って背中を押してもらったことを思い出します(あ、今でも上司変わらずですけどね。) これが一番大きかったかなー。 SNSが上手とか戦略的とかそういうことではなく、ただただ社長がSNSをたのしんで誰かと交流しているその姿がうれしい。 途中、フジプレコン常務、克ちゃんの講演からは、SNSが楽しめる今の環境への感謝を思った。

あとはこの激アツブログは必読やで!

多角化は別に会社を大きくする事じゃないんだよ。それは言葉の印象がそうさせるだけ。あなたも十分多角化してるじゃん。 | 短パン社長 奥ノ谷圭祐
「 多角化は別に会社を大きくする事じゃないんだよ。短パン。それは言葉の印象がそうさせるだけで、短パンも十分(じゅうぶん)多角化してるじゃん。」とは、山地社長から2年前位に言われた事です。( ※みんな、やまじさんじゃないよ!やまちさんだからね…

 

この記事が良いなぁと思ったら
ぜひシェアしてくれると嬉しいです♡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
前へ
«
エクスマ劇団員に俺はなる!
次へ
»
楽しい経営とは。
松島 亘

のSNS

「こいつ少し気になる・・・」と、思っていただけたら是非下記のSNSを覗いてみてください!
お店では見られない色んな顔が見られるかもです♥

の最新記事

Facebookページの更新情報を見てあげてもいいよ〜という優しい方は、下記のいいね!ボタンを押してくれると助かります♥

  • CONKS
  • FUNTAS
  • SUNNY'S
前へ
«
人の繋がりって大切だよね^ ^
次へ
»
団子三兄妹ゴッコ♪…ではありません(笑)