時代が変わっても生き残るって大変だなって。おばあちゃん頑張れ。

2日目の朝は東京の快晴でグッドモーニング。

 

 

 

あ、おはようございます。

 

昨日の疲れが出たのか、2人とも岩手行きの新幹線の中でこんな感じ。

 

 

この日は岩手の一ノ関にある「東北ヘアーモード学院」さんで就職ガイダンスでした。

 

 

 

まあそれに関しては僕が伝えるより社長がめっちゃ熱いBLOG書いてるのでコチラを読んで頂きたいっす。

 

本当に良い子達で、先生方もサイコーで、終始社長は「この子達みーんなオレが雇ってあげたいっ!!幸せにしたいっ!!」って。

 

 

 

ホントにそれぐらい最高の生徒さん、先生方、うん、「東北ヘアーモード学院」という学校だね♬

 

 

 

 

もちろんこんな最高な日は温泉に入りたいっ!!

 

 

 

 
ってことで向かった先は

 

 

 
なんとも昭和感漂う温泉というか、銭湯。

 

 

 

 

「亀の湯」

image
東北大震災でもビクともしなかったらしい。

 

 

 

 
結構熱めの風呂に男3人裸でダイブ!!結構熱めな話もしながらゆっくりと。

https://twitter.com/ishiiatsushi519/status/864441424283971584

 

 

 
そうそう、ここの受付のおばあちゃんがとんでもなく強烈だったんですわ。

image

 

 

 

「この銭湯って何年くらい前からやってるんですか?」って話を振っただけでとんでもない会話が生まれたのでここに記させて頂きます。

 

 
「あああそうねぇーわだしなんかお手伝いでやってるみでーなもんだがら役に立ってるのがどうがねぇー」

 

 

「ここ見えるぅ?!この前そごの角にぶつけでしまってこんな顔になってしまってぇぇ、、つい2週間前だげども随分良ぐなったでしょう!?ははははーこれで同じどごろに3回もぶつけだのよねぇ!」

 

 

おばあちゃんの右目をよく見ると青タンになっていた。

image

 

「化粧でもすれば隠せるんだけどねぇ、なーんせこの歳だがら今がら化粧なんてしたら可笑しいと思われるでしょぉ!ははははー」

 

 
「わだしの顔もねぇ、頬が出でるもんでねぇ、もっと鼻が出てくれだらいがったどもねぇーははははー」

 

 
恥ずかしがる可愛いおばあちゃん。

image

 

 
こんな昔からある銭湯が今は一ノ関を探してもココぐらいしかない。

 

 

 
地元の常連さんが自前のシャンプーとかを置いて帰ってるのを見ると、なんだか心が穏やかな気持ちになったよ。

 

 

 

 
いくら時代が移り変わっても、こーゆー銭湯や温泉は無くなって欲しくないなぁと心底思った最高の夜。

 

 

 

続く。

 

 

この記事が良いなぁと思ったら
ぜひシェアしてくれると嬉しいです♡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
大山 慎矢

のSNS

「こいつ少し気になる・・・」と、思っていただけたら是非下記のSNSを覗いてみてください!
お店では見られない色んな顔が見られるかもです♥

の最新記事

Facebookページの更新情報を見てあげてもいいよ〜という優しい方は、下記のいいね!ボタンを押してくれると助かります♥

  • CONKS
  • FUNTAS
  • SUNNY'S