秋田県 大曲 花火大会の薦めと準備

現在、日本三大花火大会と呼ばれているのは、「全国花火競技大会 大曲の花火」(秋田)、「土浦全国花火競技大会」(茨城)、「長岡まつり大花火大会」(新潟)の3つです。

 

このうち、大曲と土浦は、内閣総理大臣杯が授与される権威ある大会としても知られていて、全国の花火職人たちの芸術性の高い力作花火が見られます。

 

 

そんな名高い秋田県の大曲の花火大会に先日約13年ぶりくらいに行ってまいりました。

 

何を隠そう筆者は秋田県出身なのです。

ホントは携帯でBLOG書いてます。

 

 

 

 

まずは大曲の場所を説明します。

 

秋田県の県南に位置する大曲。空港からだと結構遠いので、南部から来る方は新幹線か高速バスで来る事をお勧めします。

 

 

そして花火大会の日(毎年8月の最終土曜日)の前後日は秋田県内のホテルがほぼ満室、岩手のホテルなども予約しにくくなるので早めの予約が必須となります。

 

 

花火大会前日

まずはホテルにチェックインしたら、近場のスーパーかコンビニなどで当日の準備をしましょう。

 

必要アイテム

・ご飯(当日の出店はめっちゃ並びます)

・保冷BOX(お酒を美味しく飲むために必須)

・ブルーシートや使い捨てシート(桟敷席の方のみ 1.5m×1.5mあれば十分)

・上着(秋田の夏の夜は結構冷えます。パーカーぐらいあれば大丈夫)

・長靴やレインコート(雨予報の場合)

・ウェットティッシュ

・ゴミ袋(燃えるゴミ、燃えないゴミの2つ。当日はゴミの持ち帰りは禁止です。必ず会場に捨てて帰りましょう)

 

 

経路の確認

自分が泊まっているホテルから、花火会場までの行き方をチェック。ほとんどの方は大曲駅に行き、そこから徒歩で会場に向かうことになると思います。

 

駅から花火会場まで徒歩でおよそ30分。

交通規制などかかっているので、タクシーなどは諦め、潔く歩きましょう。

 

基本みんなが歩いている方へ向かって歩いておけば大丈夫です。

 

 

観光

こちらをご覧くださいm(._.)m

秋田の観光スポットランキングTOP10

 

 

ご当地グルメ

筆者が是非みなさんに食べて頂きたい秋田県ならではの食べ物をご紹介。

 

いぶりがっこ

「いぶりがっこ」とは、漬物として使う干し大根が凍ってしまうのを防ぐために、大根を囲炉裏の上に吊るして燻し、米ぬかで漬け込んだ雪国秋田の伝統的な漬物です。 秋田の方言で漬物のことを「がっこ」と呼ぶことからその名がつけられました。

 

ギバサ

アカモクは、褐藻綱ヒバマタ目ホンダワラ科に属する海藻である。北海道から日本全土の漸深帯に分布し、秋田県では「ギバサ」、山形県では「銀葉藻」、新潟県では「長藻」と呼び食用にする。

 

じゅんさい

じゅんさいは水面に葉を浮かべる水草の一種です。 沼底に根を張り、そこからたくさんの茎を伸ばし緑色の楕円形をした葉を水面に浮かべます。春から夏にかけてじゅんさい沼は一面を鮮やかな緑色の葉で覆われます。 茎からでてくる新芽はゼリー状のヌメリで覆われており、食用として摘み取られます。

 

 

いぶりがっこクリームチーズとかいう料理が巷で話題ですが、秋田県出身の筆者はそんな邪道な食べ方はしません。(一回食べたけどめっちゃ美味しかった。

 

 

花火大会から話がズレましたが、、、

 

いざ、、、

 

花火大会当日

ここで要注意なのが、当日お昼を過ぎたくらいから大曲駅に押し寄せる人の数は激増します。東京の満員電車を想像してください。田舎の小さな駅が人で溢れかえります。

普段は必ず座れます

 

なので、お昼前から大曲駅に着いておいて、近場の飲食店などでお昼ご飯を食べることをお勧めします。

 

 

筆者お勧め大曲駅付近のラーメン屋さん

 

・Noodle College SHIROKURO(ヌードル カレッジ シロクロ)

秋田県大仙市大曲中通町9-2

ヌードル カレッジ シロクロ (大曲/ラーメン)
★★★☆☆3.51 ■予算(夜): ~¥999

 

・RAMEN MOSH(ラーメン モッシュ)

秋田県大仙市大曲黒瀬町3-43

RAMEN MOSH (大曲/ラーメン)
★★★☆☆3.56 ■予算(夜): ~¥999

 

買い足し

大曲駅から花火会場まで行く間に、1件だけスーパーがあります。

 

それがここ。グランマート

花火大会当日は沢山の人で賑わいます。

 

ここで保冷BOXに入れる氷や、おつまみ等を買い揃えます。

 

外でイベントなどもやっているので一杯ひっかけていくのもアリでしょう。

 

 

会場到着後

桟敷席の場合、自分のポジションにシートを広げ、花火開始までのんびり飲みながら待ちます。

この一マスで25,000円

 

椅子席の場合、窮屈なので出店など見て回るのもありでしょう。

 

仮設トイレは沢山ありますが、打ち上げ直前などはかなり混み合うので早め早めで行っておきましょう。

14:00頃は余裕

 

打ち上げ

大曲の花火大会は唯一日本で昼花火も行ってます。

 

開始時間は17:30

煙玉の巨大版みたいな感じかな

 

会場に着いてのんびりお酒を2.3杯飲んだらいい感じに始まるでしょう。

 

 

では最後に2017年度、大曲花火大会の様子を筆者のTwitterでどうぞ。

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

★人気花火大会ランキング 東北第1位

★行ってみたいランキング 東北第2位

★行って良かったランキング 東北第1位

★打ち上げ数 約1万8000発

★人手 約80万人

 

こんなにも素晴らしい花火大会が地元であることを誇りに思います。感動の連発で撮ってきた動画を見直したりもします。

 

そして次はいつ行けるかわかりませんが、9年後の2026年には大曲の花火大会は100回を迎える事になります。

 

多分まだ生きていると思いますが、生きているうちに100回という記念的な瞬間が訪れるので、絶対9年後は行こうと思っております。

 

みなさんも是非機会がありましたら秋田県 大曲の花火大会に行ってみてはいかがでしょうか。

全国花火競技大会「大曲の花火」オフィシャルサイト|大曲商工会議所

 

この記事が良いなぁと思ったら
ぜひシェアしてくれると嬉しいです♡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
大山 慎矢

のSNS

「こいつ少し気になる・・・」と、思っていただけたら是非下記のSNSを覗いてみてください!
お店では見られない色んな顔が見られるかもです♥

の最新記事

Facebookページの更新情報を見てあげてもいいよ〜という優しい方は、下記のいいね!ボタンを押してくれると助かります♥

  • CONKS
  • FUNTAS
  • SUNNY'S