どうしてあなたの脳は苦しみを多く記憶しているの?

今から約2600年前、仏教を説かれたお釈迦さまは、

 

 

 

 

「人生は苦なり」と仰いました。

 

 

 

いつの時代、どこの国に住む人も、

 

 

 

「生きる」とは、苦しみの連続だということです。

 

 

 

 

ひとつの困難を乗り越えたと思ったら、次の苦しみが押し寄せる。

 

 
やっとのことで、一段落すると、

 

 

 

やれやれ、、、と思う間もなく、

 

 

 

もっと大きな波が襲いかかる。

 

 
お釈迦さまは、古今東西、

 
どんな人も 避けられぬ苦しみを、

 
四つに大別して『四苦』

 

これに四つを加えて『八苦』

 

 
と、教えています。

 

 
日常会話でも、

 
「トラブルの対処にシクハックした」

 

 

などと言いますが、

 
「四苦八苦(しくはっく)」の語源は、仏教なんですね。

 

 

 

八つの苦しみとは

 

生苦(しょうく)

 

老苦(ろうく)

 

病苦(びょうく)

 

死苦(しく)

 

 

 

そしてこれに加え、

 

 

 

愛別離苦(あいべつりく)

 

怨憎会苦(おんぞうえく)

 

求不得苦(ぐふとっく)

 

五陰盛苦(ごおんじょうく)

 

 
となります。

 

 

 
どうして人間はこんなにも苦しみを乗り越えて生きていくのだと思いますか?

 

 
それは、

 

 
苦しみの先に幸せがあるからです。

 

 

 

 

ということは、苦しみがなければ幸せは生まれない。

 

 

 

と、言っても過言ではないでしょう。

 

 

 

 

そして、人間の脳というのは苦しみを多く記憶します。

 

 
何故でしょうか?

 

 

 

 

 

 

そうです、脳はわかっているんですね。

 

 

 

 

その苦しみが幸せを生むということを。

 

 

 
だから脳は、あなたの為に記憶しているんです。

 

 

 
その苦しみがあったからこそ、今の幸せがあるんですよ。といつまでも思っていて欲しいから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の授業はここまで。

 

 

 

起立。

 

 

礼。

 

 

 

では。

この記事が良いなぁと思ったら
ぜひシェアしてくれると嬉しいです♡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
大山 慎矢

のSNS

「こいつ少し気になる・・・」と、思っていただけたら是非下記のSNSを覗いてみてください!
お店では見られない色んな顔が見られるかもです♥

の最新記事

Facebookページの更新情報を見てあげてもいいよ〜という優しい方は、下記のいいね!ボタンを押してくれると助かります♥

  • CONKS
  • FUNTAS
  • SUNNY'S