私事ですが、新境地に行かせて頂きます。

新年明けましておめでとうございますm(._.)m

 

 

新年早々、大好きだけど去年はなかなか手にとって読む機会が無かった。いや、ただ自分を甘やかして読んでいなかった書籍を読んでいます。

 

 

 

新年を迎え、目標というものを作りたがる人間。

 

 

 

僕もその中の一人なので今年はどうしようかと悩んでいましたが、ようやく落ち着きました。

 

 

 

目標というか生き方なんですがね。

 

 

 

①「問い」を持って生きる。

「問い」があればそこに必ず「答え」が埋まっている。

 

 

「問い」を持つためには「問い」が落ちている場所に行かなきゃいけない。

 

 

 

今、何不自由なく生活しているこの環境には殆どの「問い」なんて残されていない。

 

 

 

だから新しく自分を足場の悪い土地に身を置くところから。

 

 

 

旅をしている時は「問い」がゴロゴロ落ちていた。

 

 

 

何なんだこの英語は?何なんだこの食べ物は?何なんだこの道は?とか。

 

 

 

どうして彼らはマクドナルドで自分が食べ終わったトレーを片付けて帰らないんだ?とか。

 

 

 

それを知りたくて調べる。行動を起こす。そしてそれが自分の知識の蓄えとなる。

 

 

 

学校の先生が勝手に作った「問い」に答えるようなすぐ忘れる「答え」なんかじゃない。

 

 

 

自分が興味を持って得た「問い」だからこそ、「答え」を見つけるのが楽しい。楽しいという事は覚えもすごく良い。

 

 

 

まずはこの環境に行くことから始めようと思います。旅に出る。という事ではありません。

 

 

 

 

②100万分の1になる。

「誰でも1万時間かければ『100人に1人』になれる」

 

 

という法則。

 

 

A.僕は美容師としてその業に1万時間をかけてきたので、100人に1人。

 

 

B.そして旅にも1万時間を費やしたので100人に1人。

 

 

最初に1万時間を投じたAという分野で1位を目指すのではなく、新たに1万時間を投じたBと掛け合わせて「100分の1×100分の1=1万分の1」になった。

 

 

 

そう、旅する美容師だ。

 

 

 

 

さて、ここから。

 

 

これではAとBの直線でしかない。

 

 

そこに新たにCという分野を置いてみることにする。

 

 

Cを置くとどうなるか?

 

 

AとBの直線でしかなかった自分の生き方が、Cを置くことによってトライアングルができる。

image

 

image

 

そう、いっきに幅が広がるのだ。

 

 

線が面積になるように。

 

 

この3つがかけ離れればかけ離れるほど面積は広く、大きなものとなる。

 

 

さぁこのC、今年というかこれからの目標になりそうです。1万時間だもんね。

 

 

やったもん勝ちです。

 

 

 

はい、こんな私事の目標に付き合って頂き有難うございます。

 

 

少しでもみなさんのこれからに役立てば良いかなと思って書かせて頂きました。

 

 

 

あ、目に見えないこーゆーの大好きです。

 

 

さて、これから僕は新境地に行きます。

 

 

では、今年もよろしくお願い致しますm(._.)m

 

 

 

この記事が良いなぁと思ったら
ぜひシェアしてくれると嬉しいです♡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
大山 慎矢

のSNS

「こいつ少し気になる・・・」と、思っていただけたら是非下記のSNSを覗いてみてください!
お店では見られない色んな顔が見られるかもです♥

の最新記事

Facebookページの更新情報を見てあげてもいいよ〜という優しい方は、下記のいいね!ボタンを押してくれると助かります♥

  • CONKS
  • FUNTAS
  • SUNNY'S