僕を救ってくれたエクスマ

まだ余韻に浸りきれていませんが昨日エクスマセミナーで登壇した話です。

下記の「#エクスマセミナー」をクリックすると昨日のセミナーの全てが見れます!

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック&チェケラ↓↓↓↓↓↓↓

#エクスマセミナー – Twitter検索

↑↑↑↑↑↑↑↑クリック&チェケラ↑↑↑↑↑↑↑

 

全国から100人を超える経営者やビジネスリーダーの方が参加している舞台に私なんぞが立つなんて夢にも思わなかったがこれも神の思し召しだと思い勇気を出して自分の様々な経験を65分も語ってみた。

そしたら意外とウケてたみたい笑

笑ってもらえて良かった〜ん♡

 

でも僕の面白いキャラが崩壊してしまうような話も正直に話してみました。

2007年の5月にCONKSを立ち上げ少し時間はかかったが調子がぐんぐん上がって2年で2店舗を出店しスタッフもどんどん増えてきて「やっぱ俺スゲーな!」って調子に乗っていた時期。

会社が盛り上がってるのは自分の力、あと5年もすれば10店舗とかになっちゃうかもなんて思っていた。

勘違いした自信とプライドばかりが大きくなり、スタッフのお陰とも思わず、スタッフを褒めもせず、僕は周りの人から「凄いね!」と言われることに気持ちよくなっていったのです。

ここまで読んでもらえばわかると思いますがこんなクソ経営者の会社で働きたいと思う人はいないでしょう。

だから当然のごとくスタッフは徐々にどんどん辞めていった。

辞めていったのは俺のせいじゃない!と思いながらもどんどん自信をなくしていった。

人とも会いたくないし、夜は酒を呑んだくれて「早く今日という日が終わって欲しい」なんて思って朝目が覚めると今度は「はぁ、また1日が始まってしまった」と。

会社がピンチだと気づくとまた「辞めたい」と言ってくるスタッフ。

ズルく汚い、裏切り者とまで思っていたけどまた売上が下がり赤字になるのが耐えられなかったので僕は頑張って態度を変えた。

スタッフに媚びるかのように休みを増やしたり給料を増やしたりした。

それでもまた1人また1人と辞めていくのです。

毎日毎日が苦しくなりケッコーなところまで行きつく精神状態でした。

気がついたら2店舗あったお店にはトータルで5人ほどのスタッフしか残されていなかったのです。

でもこの4人だけは僕に「頑張りましょう!!」という姿勢を見せてくれていたのです。

 

よくもまぁこんな状態の会社に残って頑張ろうという気になるよな。なんて思いながらも僕はこの4人のスタッフに初めて心の底から感謝というものが出てきました。

あと1回だけ頑張ってみよう。

もしそれでもダメなら会社を潰そうって。

止まっていた足を1歩前に踏み出してみた。

とりあえず売上を上げないととマーケティングで有名だった外人さん、コトラーやドラッガーの本を読む。

読むだけじゃなく行動にも移したが売上は伸びない。

 

そんな時にエクスマ藤村正宏さんの本に出会った。

 

マジかよ!!
チラシ1枚で455万の売上になっちゃうのかよ!!

 

と舐め回すようにこの本を隅から隅まで読んだが僕は売上を上げる方法、ノウハウを得るよりももっと大事なことがこの本、いや藤村正宏さんから得られるんではないかと思ったのか引き込まれていき藤村先生のセミナーを探しに探し、やっと見つけて参加した。

これが僕の人生を大きく転換させた1歩になった。

その1年後、僕は本格的にエクスマが主催している塾に入塾し塾生をなるのです。

様々なことを学びましたが僕が1番衝撃的だったのは藤村先生にもらったこの一言。

「まっつぁんらしくね。人目なんて気にしないでまっつぁんらしく楽しんで」って。

なんかスーッとね、何かつっかえていたものが抜けた感じがあったけどそれが何かは数日間わからず、でも知りたくて知りたくてずっと内観していたが不思議と行きつくところは「両親」でした。

 

親父は筋深く人情派。義理と人情を重んじ部下を大切にする人。
そんでもってちゃんと仕事ができる人。

看護婦をしていたオカンは利他の人。人のためにおせっかいかよ!ってくらい何かしてあげちゃう。そんでもって天才的に面白く、家の冷蔵庫には患者さんからもらった感謝の手紙がたくさん貼り付けられていて人から愛されてる人だと認識していた。

だいぶ愛されていた、むしろ過保護かと思うほど。

そんな両親に育ててもらった有り難さに気がついた時に藤村先生から言われた「まっあんらしく」の意味を理解したような気がして、実は物心がついた記憶が始まる幼少期から当時までの自己生みたいなものを書いてみた。

どのくらいの量だろうか。

原稿用紙で言えば100枚くらいなのかな。

とにかく誰にも見られることないから思うままに書いてみた。

あの時こんなことがあってこう思ったり、◯◯な態度を周りの友達に見せていたけど本当は寂しくて寂しくて辛かった。とか

荒くれ者の僕だったけど電車ではよくおじいちゃん、おばあちゃんに席を譲っていて、それはどうしてそういうことが僕はできるようになったのかを考えると親父に弱いものには優しくしろ。と小さい頃から言われていたことを思い出したりとか。

あ〜そう言えばアレもそうだ!コレもそうだ!と色々感じることがあったんだけど

ほとんどのことが親から影響を受けていることを知った。

実はいいことも悪いこともなんだけど、そういうことを知った時には圧倒的に親への感謝が湧き出てくる。

そう、それからマジで僕は「裸で生きること」「自分らしく生きること」を選択するようになった。

親に感謝することが楽しい幸せな人生を送るためのスタートなんだということに気がついて、家族やスタッフや大好きな友達、近くにいる?いてくれている人か、そういう人たちを大事にしなきゃなって思うようになった。

 

昔の僕とは真逆(笑)

 

マジでそっからなんだ。
目の前の景色が変わってきたのは。

やっぱり自分の親や自分を好きだと言ってくれる人、家族や仕事仲間や友人、近くにいてくれる人を大切にすること。

これがビジネスでもプライベートでも分け隔てなく大切にできることが人生を輝かす唯一の秘訣だと思って今がようやく天国っぽくなってきたって話です笑

共感してくれる人が集まってきて、そんでもって好きになって、大好きな仲間と働けて大好きなお客さんがたくさんいて、応援してくれる人もたくさん増えてマジで景色が全然変わった。

 

こういうことを気がつかせてくれるのがエクスマなんだと僕は思っています。

だから僕はエクスマに触れていたいのです、ずっと。

そして僕がエクスマに触れることで感じたことが僕の周りにいる仲間に勝手に伝染するくらい僕は輝いていたいなって思います。

とにかくそのためにはこれからも全力で楽しいと思うことに真剣に向かって行っちゃうぞ!!

って感じです^^

 

ってマジで長いな今日・・・笑

 

2760文字かよ。

この辺で今日はやめておきます!

 

しげる、まいちゃん、何周年か知らんけど結婚記念日おめでとう㊗️

この記事が良いなぁと思ったら
ぜひシェアしてくれると嬉しいです♡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
前へ
«
講演後に久しぶりの友達からメッセージ来たから「ブログ見たよ!凄かったね!」という流れを想像していた
次へ
»
人生で1番キンチョーした今日ボクがお伝えしたいこと
松島 亘

のSNS

「こいつ少し気になる・・・」と、思っていただけたら是非下記のSNSを覗いてみてください!
お店では見られない色んな顔が見られるかもです♥

の最新記事

Facebookページの更新情報を見てあげてもいいよ〜という優しい方は、下記のいいね!ボタンを押してくれると助かります♥

  • CONKS
  • FUNTAS
  • SUNNY'S
前へ
«
今日は僕にとって大切な丸8年の結婚記念日!
次へ
»
人生で1番キンチョーした今日ボクがお伝えしたいこと