今チマタで話題の起業家向けのメディア「助っ人」に掲載されたことによって昔を少しだけ振り返ってみた話

つい先日ですね、Okunoya’s13に選ばれたわたしが取材された記事が掲載されました。

中小企業は独自化で生き残ろう!CONKS GROUP 代表取締役社長 松島 亘さん – 助っ人 – 起業、独立、開業を応援するポータルサイト
中小企業が生き残っていくための一つの正解が「独自化」していくことなのではないだろうか。そんな仮説からスタートした、経営者のインタビュー連載「中小企業は独自化で生き残&

自分こんなこと喋ったっけ?って感じであんまり自分が話したことを覚えてなくて自分の記事なのに自分が読んで勉強になっちゃうくらいとても読みやすく記事にしていただき編集長のモギーと裏編集長のオクノヤさんに感謝でございます。

ケッコー赤裸々?真面目?な記事になっていて今はめちゃんこ楽しくやっていますがマジで僕がクソ経営者だった頃のことも書かれているのでこの記事を読んでいて辞めていったスタッフの顔が浮かんできて、はぁ〜悪かったな〜って思ったりしました。

でも今までの過去の経験が役に立って今があるわけだからこの反省を生かしてさらに前に進むこと。

これが一番大事だななんて思っています。

この記事に書かれていないことを少し書きたい。

ブログの中でも書かれていた運転資金500万円が100万円まで減って苦しかった時期。

オープニングスタッフでもあった石井篤史と浮田穣にもうちはもう潰れる可能性が高いから「他のサロンを探しておいてくれ、ホントに巻き込んでごめんな」と伝えていた人生マジで終わったと思っていた頃。

当然石井も浮田も辛かっただろうなと。辛い思いをさせたと思っていた。

あれから約8年後(今から2年前に)

驚愕の事実を知ることになった。

この2人。

左が石井。右が浮田。

 

そうこの2人から

あの辛い思いをさせていただろうあの時期。

俺が資金繰りに四苦八苦していたあの時期に

この2人は暇な営業中、

 

 

 

お店のあちこちに宝を隠し、

 

 

 

それを見つける宝探しゲームとかして

 

 

 

毎日楽しんでいたらしいじゃねーか!!!

 

これ本人たちから笑って直接告げられました笑

 

マジでハンパないっす笑

まあ、そうでもしないと楽しくできなかったんでしょうね笑

マジウケます笑(当時だったらマジでぶっ飛ばしてたね)

 

でもここにコンクスイズムってのが昔からあったんだなって思った。

とにかくいつ何時でも楽しむってこと。

奥ノ谷塾のカリキュラムで北海道の山地ユナイテッドさんの研修に参加したとき山地社長もおっしゃってました。

「楽しいからって会社が繁盛するかわからないけど、楽しくなければ繁盛しない、成長しない」

まさにこれ!

楽しもうとすること、楽しくなるためにどうしたら良いかと考え行動すること。

これが大事。

来年も様々なチャレンジがある。

ケッコー大変になるかもしれない。

でもそんな時でもこのコンクスイズムを大切にガンガン前に進んでいっちゃおうと思います。

いやしかしながら辛い時に宝探しゲームで難を凌ぐなんて斬新過ぎて震えるわ笑

 

みなさんも大変な時にやってみてね(^_−)

 

では!!

 

 

今チマタで話題の「助っ人」編集長 頼母木 俊輔氏が書いた

【俺の尊敬するサイコーの人たちの記事もマジ要チェックしといてね^^】

中小企業は独自化で生き残ろう!大阪製罐株式会社 清水雄一郎さん

中小企業は独自化で生き残ろう!株式会社 ファナティック 野田大介さん

中小企業は独自化で生き残ろう!kiso barオーナー木曽 信介さん

中小企業は独自化で生き残ろう!フジプレコン株式会社 専務取締役 松林克法さん

中小企業は独自化で生き残ろう!白馬ホテル五龍館 代表取締役 中村ゆかりさん

中小企業は独自化で生き残ろう!ワンダープロダクト株式会社 代表取締役 平山 晋さん

中小企業は独自化で生き残ろう!株式会社カネマツ 代表取締役 松本則夫さん

この記事が良いなぁと思ったら
ぜひシェアしてくれると嬉しいです♡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
前へ
«
発信が減ったタイミングと求人サイト
次へ
»
コンクスハロウィン2018
松島 亘

のSNS

「こいつ少し気になる・・・」と、思っていただけたら是非下記のSNSを覗いてみてください!
お店では見られない色んな顔が見られるかもです♥

の最新記事

Facebookページの更新情報を見てあげてもいいよ〜という優しい方は、下記のいいね!ボタンを押してくれると助かります♥

  • CONKS
  • FUNTAS
  • SUNNY'S
前へ
«
危険はいつも死角からやってくるって話。
次へ
»
もうすぐ。待ちに待った…☆