「出来る人」にやらせるのではなく「やりたい人」にやらせる

先日、学びに行ったことを書こうと思います。

メガネ屋さんowndaysの社長 田中修治さんが主催するダイバージェントトークというセミナーに参加してきました。

左から黒川社長、ファシリテーター短パン社長、田中社長

左から黒川社長、ファシリテーター短パン社長、田中社長

え~っと
引用!!
ご紹介がうまくできないので
オクノヤさんのブログから引用しまっす!!
オクノヤさん、さーせんm(_ _)m

 

わずか5年で全国に105店舗を展開し「ストレッチ」をビジネスとして確立、日本で最多の店舗数を誇る業界最大手「 Dr.ストレッチ 」の創業者である黒川社長。
そして右に座るのが、2008年30歳の時に倒産状態にあった会社の再生を引き受け代表取締役社長に就任し、
その後、8年で事業拡大を行いながらV字再生を果たし、海外進出開始からわずか3年間で9か国に進出。160店舗を展開するowndayの田中社長。

 

うん実に分かりやすい。
さすが短パン社長っす。

何の話をするのか実は全くわからずに参加しましたがその理由はオクノヤさんがオススメしてたから。
それだけ。

でもね、オススメされるだけの内容でした。

「海外進出」と「人事制度」の話。

 

 

話を聞いた今でも海外進出なんていうのは夢のまた夢の話と思っています。
だけどこれからドンドン優秀な外国人が日本にやってくる時代がもう目の前まできているし、あと数年もしたら両隣に住んでいる人が外国人。
なんて時代がやってくる。
それに少子化問題もあるので外国人との関わりという可能性を少し考えなくてはいけないなと思いました。
1番「はぁっ!」って思ったのがうちの社員さんの子供たちのこと。
どんな時代がやってくるのかなんていうのは僕にはわからないし、対応できる力なんて今はないけども
子供たちが大人になる頃までにはそういう時代の変化に対応できる状態になっていないことには社員の家族を
路頭に迷わせてしまう恐れがあるなと感じた次第であります。

だからって今何をしなければならないかというのは明確ではないけど
そういうことも頭に入れて柔軟に知識を詰め込んでいこうと。

 

 

人事制度の話。

「出来る人」にやらせるのではなく「やりたい人」にやらせる。

 

たとえば美容室で言えば勤務年数や数字的実力、スタッフからの人望などの要素を上層部が判断し
「来期から店長を任せるから頑張ってな!」というような流れが多い中、owndaysさんでは「やりたい人」にやらせるとのこと。

自らやりたいと手を上げた人のプレゼンを全社社員さんに聞いてもらって投票で決めるそうです。

総選挙っす!

出来る人よりもやりたいと自ら手を挙げ、そしてみんなから選ばれたリーダーがチームや組織をまとめていく。

目をつむって想像するだけでも凄いチームができそうな気がしますよね。

実にシンプルです。

ホントすげー人ってみんなが難題だと感じていること対して実にシンプルな仕組みで圧倒的な環境を作っていて
それに加えて行動力がハンパない。

海外進出からたったの3年で9カ国に出店しちゃうんだよ。
マジでハンパないから。

でもハンパないと思っている僕は行動していないからハンパないと思っているだけで
形は違えどもっと行動していく意識をもっと高め、一緒にやってくれているスタッフ、そしてスタッフの家族、もちろん僕の家族の未来が
明るく輝けるような会社を創造していきたいものです。

 

 

そして
コンクスでめっちゃ働きたい!!
うぉーーーーーーーーーーー!!!


って選ばれる会社に絶対になってやろうと強く思った次第であります。

 

 

意外と気にしてる大殺界というシーズン

今年は大殺界中。
新年早々に新店舗もポシャってるので
少しずつ静かぁ~に準備しながら
大殺界終わったらドドスコに攻め攻めでいきまっす!!

今日は以上でっす!
押忍!!

 

 

 

この記事が良いなぁと思ったら
ぜひシェアしてくれると嬉しいです♡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
前へ
«
亘点の基準
次へ
»
暑い日に一気に汗を引かせる基本的な裏技
松島 亘

のSNS

「こいつ少し気になる・・・」と、思っていただけたら是非下記のSNSを覗いてみてください!
お店では見られない色んな顔が見られるかもです♥

の最新記事

Facebookページの更新情報を見てあげてもいいよ〜という優しい方は、下記のいいね!ボタンを押してくれると助かります♥

  • CONKS
  • FUNTAS
  • SUNNY'S
前へ
«
僕のコンクスでの初任給は5万円!
次へ
»
出会い、繋がり、一緒に楽しめるって幸せなことですね^ ^