夏はカラーを楽しみたい!でもホームカラーは危険!!

最初に言っておきます!アイキャッチ画像はレシェプションの宇野です!

ブログの内容とは一切関係ありません(笑)

本題はこちら↓
夏はカラーを楽しんだ方が良い!!って感じているウキウキ浮田です♪

日本ってせっかく四季があるんだから、【季節感】を取り入れていくのは素敵だと思うんですよね〜^ ^

で、ここ最近はアッシュ系のカラーやハイライトのスタイルをご紹介させて頂いてたわけなんです(^^)

こんな綺麗なアッシュ系や、

こんな綺麗なアッシュ系も!

こんな綺麗なアッシュ系も!

ええ感じのハイライトも♡

ええ感じのハイライトも♡

こういうカラーはホームカラーでは難しいと思うんです。

髪の毛の状態とか、カラーのテクニックとか知識が必要ですからね!

あと、やっぱりホームカラーって傷んでしまうんです…

なのでサロンカラーの良さをお伝えします!
染めた事がある方はわかると思いますが、カラー剤って1剤と2剤がありますよね?

簡単に言うと、
【1剤が色味を出す薬】

【2剤が脱色をする薬】
2剤に関しては、強さのパーセンテージが何種類かあります!

例えば黒髪の方にはしっかり脱色して色味を入れるように、パーセンテージの強い2剤を使用します!

色味を入れて色を落ち着かせたい方には、パーセンテージの弱い2剤を使用してるんです。
なので全体を染める時、サロンカラーをする場合は大抵カラーカップが2種類になります!
黒い部分はしっかり明るくなるように、落ち着かせたい毛先には優しい薬を使い分けてます。

毛先に色味を入れたい場合は強い2剤で脱色する必要はないですからね!
毎回のカラーでこの使い分けをしないと、かなりダメージしてしまいます!

市販のカラー剤って、

「どんな人が染めるか?」
「明るくするか?暗くするか?」
「髪がどんな状態なのか?」
っいうターゲットが購入する瞬間までわかりませんよね?
なので誰にでも染まるように2剤の脱色力が強く作られてるんですよ!
サロンカラーの場合はお客様に合わせて2剤をコントロールできます(-_^)
なので、毛先に色味を入れたい場合はオススメできません。
むしろ、やめたほうがいいです。

カラーって暗い所と明るい所を1種類の薬で染めたら染まり具合が同じになりにくいです。
なので、塗り分けをするって凄く大切な事なんですよ!
せっかく美容室でトリートメントしたり、パーマをかけたのにホームカラーをすると、それも全部落ちやすくなってしまいます。
トリートメント、パーマのもちをよくしたければホームカラーは避けるべきだと思います!
全体を染める場合はそんな違いがある事を知っておいて下さいね(^_-)

 

☆ウキウキ浮田☆

この記事が良いなぁと思ったら
ぜひシェアしてくれると嬉しいです♡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
前へ
«
髪を切れるようになってからがスタートなんです!
次へ
»
結んだ時に夏らしく見えるカラー♪
浮田 穣

のSNS

「こいつ少し気になる・・・」と、思っていただけたら是非下記のSNSを覗いてみてください!
お店では見られない色んな顔が見られるかもです♥

の最新記事

Facebookページの更新情報を見てあげてもいいよ〜という優しい方は、下記のいいね!ボタンを押してくれると助かります♥

  • CONKS
  • FUNTAS
  • SUNNY'S
前へ
«
本気のアドバイスは人を成長させる!
次へ
»
うちのポケモン達も頑張っています。