セルフカラーとサロンカラーの違い

 

こんにちは!

サニーズ新井奈菜です!

 

前回に引き続き、違いをご紹介していきます!

 

内容はタイトルの通り

「セルフカラー(市販のカラー剤)とサロンカラーの違い」について。

⬇︎⬇︎⬇︎

 

【セルフカラー(市販カラー)

1.手軽に買えて染められる。安価。

2.誰でも簡単に染められるように薬剤が強め

3.カラーバリエーションがサロンカラーに比べて少ない

4.セルフで行うので手の届きにくいところは染めづらい。ムラになりやすい。

5.シャンプーしたあとも髪に成分が残るし

めっちゃダメージ受けます!!!(重要)

 

市販のカラー剤もたくさん種類はありますが色味はサロンカラーに比べて少ないですね>_<

 

 

【サロンカラー】

1.カラーバリエーションやデザインの幅が豊富

2.プロが染めるのでムラなどの心配がない

3.一人ひとりの髪の状態に合わせて薬剤を選定しているのでダメージが最小限

4.揮発しやすい薬剤なのでシャンプーした後に成分が残りづらい

 

カラー剤の種類だけでもこんなにたくさん!
ここから混ぜて使います。

 

 

はい。ざっくりこんな感じです!

セルフカラーの方が特徴が多くなってしまいました(笑)

 

今回ばかりは

「セルフカラーはしない方がいい」

と断言します。(私個人の意見です)

 

なぜならまずなんと言ってもダメージ。

私もセルフカラーの経験は何度もあります。

(10代の頃はほぼセルフカラーだったので身をもって体験しています💦)

 

誰でも簡単に染められるように薬剤が強く作られていて

なおかつカラーバリエーションが圧倒的にサロンカラーに比べ

少ないんです。

 

市販カラー剤は例えば

アッシュ

ブラウン

ブラック

など極端で混ぜたりして使うことはできません。

 

サロンカラーは一人ひとりの髪質、状態に合わせて

明るさのレベル

色味

薬剤の強さ

をミックスして染めます。

 

さらに自分では染めづらい後頭部。

私もムラになり失敗した経験あります😂

 

あとは染めた後の髪のダメージ。

セルフカラーの経験がある方は分かると思います。

キシキシで指が通らないんです(泣)

のでなるべくセルフカラーは

避けていただきたいなと私は思います😢

 

まだコロナで外出しずらいですが

サニーズでは感染防止対策をしっかりしています。

根元のカラーのみでも大丈夫です😊

お気軽にお越しください!

 

 

この記事が良いなぁと思ったら
ぜひシェアしてくれると嬉しいです♡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
前へ
«
梅雨のジメジメ、紫外線対策!!
次へ
»
市販シャンプーとサロン専売シャンプーの違い
新井 奈菜

のSNS

「こいつ少し気になる・・・」と、思っていただけたら是非下記のSNSを覗いてみてください!
お店では見られない色んな顔が見られるかもです♥

の最新記事

Facebookページの更新情報を見てあげてもいいよ〜という優しい方は、下記のいいね!ボタンを押してくれると助かります♥

  • CONKS
  • FUNTAS
  • SUNNY'S
前へ
«
2020.5月を振り返る
次へ
»
市販シャンプーとサロン専売シャンプーの違い