CONKSブログ

真夏に駅前で汗だくになりながらチラシ撒かせるならもっとやることあんでしょ。

こんばんは、珍しく過激なタイトルっす笑
何故かというとね、今日我孫子駅に着いた時にね、今年入社したばっかりと思われる女の子が
汗だくになりながらチラシを配っていたのを見てなんとも言えない気持ちになった。


通り過ぎてから少し見ていたんだけどほとんどの人がもらってくれない。
暑いのもあるんだろうけど彼女の顔は辛そうだった。
間違いなく楽しくないだろう。
しかも見ず知らずの人に「安くするのでお店に来てください!」って言うことでもしかしたらチラシを配っている本人が「来るわけねーだろボケカス!」ってもしも思っていたとしたら余計くるはずがない。
そういう心が届いちゃうからね。
 
この後お店に戻ったら着替えとかあるんだろうか。
脱水症状で倒れてしまったらサロンの社長はどう対処するのだろうか。
来年新人が入ってくれば彼女はチラシ部隊から引退できる仕組みなのか
それとも来年の夏もまた汗だくになりながらもらってくれないチラシを巻かないといけないのか。
なんか色々考えました。
 
うちならこうする。
こうする。
暇な時があったらデスけど。
 

クーラーの効いた涼しい部屋で椅子に座わってアイスコーヒーを飲みながらスマホ片手にSNSやらせる。役立つ情報を顧客さんに届けたりするためにブログを書いたり、友達や常連さんのFacebookをチェケラッチョして「いいね」したり「コメント」したりしてお客さんとの交流を楽しんでもらう。自分の世界観をInstagramで発信したり、Twitterで最悪「なう」でもを叫んだりして友達とSNS上で遊ばせる。

 
 
その方が面白いでしょ。仲良しになれるし
涼しいし。
 
うちは小さなサロンだからできないけど
大きなサロンならお客さんに見えないところや研修所で営業中に練習して技術力を上げるとかできるね。
そんでもって夜は練習しないでスタッフと飲みに行って熱い話したり、友達とオケカラに行って玉置浩二や森進一を熱唱したりできるね。
(うぉーーー!!!いいな〜デカいサロン。あ、もう少ししたら研修所とかいいね。そしたら営業後オケカラとか行けるしね)
 
 
 

まとめとして

 
もっと未来ある若者が時代にあった成長や楽しみが味わえるようにリーダーたちは真剣に考え変化させていかないと美容業界から若者が消えてしまうどころかお店からスタッフもお客さんも消えてしまうかもしれない。さらに疲弊していくから。
 
っていう危機感を少し感じて、若い子が暑い日に汗だくになりながら辛い顔してチラシを撒かなくてもサロンが盛り上がっちゃう方法を真剣に考えていきましょう^^
 
今日は以上っす!!
ちす!!
 

松島 亘まつしま わたる

千葉の我孫子 CONKS、柏市 柏サニーズ、沖縄宜野湾 FUNTAS、台湾の台中市 CONKS JAPAN の美容室経営してます。たまに神宮前 TANPANLAB で麺や松島やってます。2021CONKS GROUP専用プライベートサウナ設立、2022には動くサウナで日本中を旅します。

松島 亘プロフィール

松島 亘 の最新記事

宮崎トリップ

OWNDAYS沖縄SNS研修に3回潜入して見えてきたわたしの思い

そろそろ熱き喧嘩始めます

ヤバいラーメン屋を紹介しようと思う

三回忌

世界一憧れる会社OWNDAYS